相続税って高いの?

日本の相続税って高いのか?海外はどれくらいなのか? - 日本の相続税ってやっぱり高い?

日本の相続税ってやっぱり高い?

決まりだけど本来無い方が嬉しいものが税金です。
そして亡くなった人の財産を相続する時に、高くついてしまうのが相続税。
「日本の相続税って他の国より高いの?」「外国の税率も気になる」そんな方に向けた相続税のミニ知識をお伝えします。

相続税がかかる理由って?

「労働を伴わずに手に入る所得には税金をかける」「富裕層への財産集中を防ぐ」この2点から日本では相続税を徴収しています。
「でもこんなに色々な税金を徴収されているのに、さらに相続の時にも税金を取るの?」そんな不満の声にも、もちろんうなずけます。
では、日本以外の諸外国では相続税がどうなっているのかを見てみましょう。

やっぱり日本が最高税率

そもそも世界では相続税が存在しない国が多く見受けられます。
香港やシンガポール、オーストラリアやスウェーデンなどのように、ここ10年で相続税を廃止した国も多くあります。
アメリカのように一度廃止を行い、復活させるというパターンも存在しています。
その中でやはり目を引く税率の高さがドイツ、イギリス、フランスの40%台、そして群を抜いて上回るのが55%の日本です。

どうして他の国はそんなに低いの?

相続税を0%にしている国は、多額の相続税を徴収することは景気を低迷させると考えています。
確かに相続税とは金銭での一括納付が原則であるため、納税者にはかなりの大きな負担になり、お金の流れを止めてしまいます。

他国の方が得なの?

そんなことはありません。相続税や贈与税を低く抑えている国は、経済を活性化させた上で所得税や消費税で税収をまかなおうと考えています。
税金は一生付き合っていかなくてはならないものです。
そこで日頃から少しでも興味を持ち、少しずつでも知識を蓄えていくことで上手に付き合って行くことをお勧めします。
プロに評価してもらい支払った相続税。
それが払い過ぎていたと知らされた時、あなたならどうしますか?
「もう支払いを済ませてしまった」「どうせもう遅い」そんなことはありません。
drerge
ここではあなたが本来、支払わなくてもよかった相続税を還付する方法をお教えします。

本当に相続税が戻ってくるの?

一度、納付をしてしまった相続税でも、正しい手続きを踏めば返してもらうことができます。
しかし、もちろん期限が設けられています。
相続税の申告期限である「死亡日から10ヵ月後」から起算して「5年以内」が還付のリミットになります。

還付希望者ってどんな人が多い?

特に多いのは、相続税の評価に差が生まれやすい「土地」を相続された方です。
そして高額なものが多い土地の場合には、少しの評価額の差でも大きな金額が還付されてきます。

どうしてそんなことが起こるの?

専門知識や多くの経験が必要とされるのが相続の申告です。
経験の浅い税理士が多く、誤った判断をされているケースが多く見受けられます。
そして、税務署側も誤った額を申告していても「これでは払い過ぎですよ」そんな言葉はかけてはくれません。
自分の身は自分で守るしか方法はないのです。

いくら返ってくるの?

実に申告件数の7〜8割が相続税還付を受けられる可能性があります。
下は1000万円から上は2億円程度まで、多額の相続税が毎年還付されています。

還付の方法が知りたい

まずは土地の再評価を依頼します。
その後、相続税を修正・還付を申請する書類を作成します。それを税務署に提出することで、3〜10ヵ月後に結果が送られてきます。
還付申請が通っていれば、その後約1ヵ月程度で指定した口座に支払い過ぎていた相続税が振り込まれます。

手続き自体は簡単です

煩雑な手続きは必要ありません。還付制度を知っているか知っていないかが問題になってきます。
大金を手にできるの秘訣は、宝くじに思いを巡らせることではなく、少しだけでも税金の仕組みを学ぶことなのかもしれません。

Copyright(C)2015 相続税って高いの? All Rights Reserved.